Mebrandnew パーソナルスタイリスト
こうのめぐみ

MENU
menu
ファッションコラム column

女はいつでも鎖骨見せ服

女はいつでも鎖骨見せ服 少し「寒いときでも、女性は薄着で鎖骨を魅せる」
これが私のデート服のモットーです。

と言っても、「全身薄着をしましょう」と言っているワケではないので、ご安心を。。。
実はわたし、「タートルネック」の大ファンで、可愛い感じがとても好きなのです。
冬場は寒いので、首周りをしっかりと覆うタートルネックの存在は助かります。そして、マフラーやショールを巻けば、かなりの防寒対策ができます。

しかし、強風が吹き、震え上がるほど寒い日に外で過ごすことは年に何日あるかな?と自問自答しました。
ここ東京においては、実は数えるほどしかないのです。
電車の中や飲食店、デパートなど建物の中に入ると、「ん?ずいぶん暑くない?」というくらい、暖房が行き届いています。
それで思いました。
デートのとき、アウターであるコートについては、暖かなリッチな素材を着て、ショールやマフラーでしっかり首元を覆えば、コートを脱いだ時の服装は薄着&デコルテを魅せる服のほうが、デート服として、男性が「ハッ!」とするのではないかしら、、、と。

寒い日は、どうしてもタートルネックを選びがちですが、デートで食事やバーに誘われた場合は首がきれいに見え、鎖骨を出したトップス、深めのVネックニットやブラウス、ボートネックラインのデザインの服で出かけましょう。

かの大女優、いしだあゆみさんも、以前女性誌のインタビュー記事で、
「Vネックのセーターを選ぶときは、鎖骨がいちばん綺麗に見えるVネックの深さを吟味し、ミリ単位で選んでいるのよ」というコメントをしていました。